売掛金回収ができないリスク

売掛金を期日までにきちんと支払う事は、商売人として当然の行為です。ですから取引先が期日までに売掛金を支払ってくれる事を、会社としては当然期待しているわけです。しかし、取引先の中には諸事情により、売掛金を期日までに支払わない会社もあるでしょう。そのような光景は珍しくありません。珍しくありませんが、そのような場合には売掛金は速やかに回収しましょう。売掛金が回収できないままでいると、以下のように大きなリスクが3つ生じます。・他の売掛金で未払いが増える・資金不足に陥り、自社も債務を抱える・外部から信用されなくなる順に説明します。まず、一つでも未回収の売掛金が残っていると、他の売掛金で未払いが増える恐れがあります。「あの会社は売掛金を支払わなくても大丈夫みたいだぞ」と、取引先に判断されてしまうからです。売掛金はたとえ少額でも速やかに回収すべきなのです。また、売掛金未回収が続くと資金不足に陥ります。

そうなった場合には自社も借金をする羽目になり、気がつけば自社も債務を抱える事になってしまうのです。この悪循環は絶対に避けなければなりません。さらに、売掛金に未回収があると外部から信用されなくなります。特に金融機関に「あの会社は金銭の管理能力が低いな」と判断されてしまったら、融資を受けられなくなります。売掛金を速やかに回収するために、困ったら弁護士に相談しましょう。弁護士に売掛金回収を相談する事には、非常に多くのメリットがあります。