良い弁護士の選び方は?

売掛金回収を弁護士に相談すれば、速やかに問題解決が可能です。しかし世の中には弁護士の資格を持つ先生方が大勢いらっしゃいます。良い弁護士に相談するには、どのように選べば良いのでしょうか。良い弁護士の選び方のポイントを、以下に列挙します。まずは、説明をしっかりしてくれるかどうかです。そして費用倒れになる可能性が低いかということです。そして最後は「債権回収」のプロかどうかとなります。

まず、説明をしっかりこちらにしてくれる弁護士を選びましょう。初めての相談時に着手金や成功報酬、これから取り得る選択肢のパターン、などを事細かにこちらに説明してくれる弁護士は、良い弁護士です。売掛金回収成功まで弁護士とは長い付き合いになりますから、信頼できる弁護士を選びたいですよね。

次に、費用倒れになる可能性を考えましょう。未回収の売掛金の額に対して事前見積もりの額が占める割合が大きい場合、想定外の出費があると費用倒れになります。事前見積もりを複数の弁護士にお願いし、費用倒れになる可能性を少しでも下げましょう。

そして、「債権回収」のプロかどうかも重要なポイントです。現代では多くの弁護士がホームページを持っていますから、そのホームページに「債権回収」、「借金回収」、「売掛金回収」などの文字があるか確認しましょう。「借金回収が得意です」などのはっきりした文言がある場合は、具体的な実績、マスコミなどからの評価、も併せてチェックしましょう。

弁護士に相談するメリット

弁護士に売掛金回収を相談するメリットは、数多くあります。まず、弁護士の登場により、スピーディーな回収が可能になります。素人があれこれ考えてるよりも遥かに速やかに、弁護士は売掛金回収に対応してくれます。何と言っても弁護士は、法的処理・問題解決のプロなのです。また、円満に解決する事が可能です。弁護士も非情ではありませんから、なるべく波風が立たないような選択肢を提示します。さらに、相手にこちらの本気度が伝わります。弁護士の登場により相手には大きなプレッシャーがかかりますから、事態の進展が見込めるのです。

加えて、状況に合わせた回収方法が選べます。状況が変化した時に、素人だと「次にどうすれば良いのか」を正しく判断することが難しくなります。その点で弁護士に相談しておけば、状況に合わせて最適な回収方法を選択することができます。そして、精神的に楽になります。弁護士が回収処理の一切を引き受けてくれますから、こちらはその間、本業に集中することができるのです。

さらにもう1つあり、法的手続きにも対応可能です。売掛金回収は最悪の場合に民事裁判にまで発展しますが、弁護士は代理人として法廷に立つことができます。

売掛金回収ができないリスク

売掛金を期日までにきちんと支払う事は、商売人として当然の行為です。ですから取引先が期日までに売掛金を支払ってくれる事を、会社としては当然期待しているわけです。しかし、取引先の中には諸事情により、売掛金を期日までに支払わない会社もあるでしょう。そのような光景は珍しくありません。珍しくありませんが、そのような場合には売掛金は速やかに回収しましょう。売掛金が回収できないままでいると、以下のように大きなリスクが3つ生じます。・他の売掛金で未払いが増える・資金不足に陥り、自社も債務を抱える・外部から信用されなくなる順に説明します。まず、一つでも未回収の売掛金が残っていると、他の売掛金で未払いが増える恐れがあります。「あの会社は売掛金を支払わなくても大丈夫みたいだぞ」と、取引先に判断されてしまうからです。売掛金はたとえ少額でも速やかに回収すべきなのです。また、売掛金未回収が続くと資金不足に陥ります。

そうなった場合には自社も借金をする羽目になり、気がつけば自社も債務を抱える事になってしまうのです。この悪循環は絶対に避けなければなりません。さらに、売掛金に未回収があると外部から信用されなくなります。特に金融機関に「あの会社は金銭の管理能力が低いな」と判断されてしまったら、融資を受けられなくなります。売掛金を速やかに回収するために、困ったら弁護士に相談しましょう。弁護士に売掛金回収を相談する事には、非常に多くのメリットがあります。